日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

「餃子の王将」 餃子を始めとした商品の材料を国産化

王将フードサービスは8日に、展開している中華料理チェーン「餃子の王将」で提供している餃子の主要食材と麺類の小麦粉を国産にする事を発表しました。
同社は今年7月に話題となった期限切れ鶏肉問題などから、食の安全に対する意識が高まっている事に対応したと語り、発表の同日に国産化を開始しています。

今までも餃子に使用する殆どの食材は国内産を使用していましたが、皮や生姜などは輸入の小麦粉を使用しており、今回はこれらも国産に切り替えたとのことです。
一部の調味料については今後も外国産を使用していくそうですが、餃子はほぼ国産材料となります。
また揚げソバなどの一部の商品は今のところ輸入小麦を使用していくそうです。

10月から餃子を20円値上げした同社は、食の安全を強化した上での価格引き上げを戦略としていきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。