日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

ガソリン価格上昇続く・・・

本日18日の資源エネルギー庁の発表によると、6月16日時点でのレギュラーガソリンの全国平均価格は前週から増加し、1リットル当り167.0円となりました。
これでレギュラーガソリンの全国平均価格は3月24日時点での調査で159.0円だったものが僅か3ヶ月弱で8円上昇したことになります。

全地域で上昇がみられており、地域別に見ると1番上昇したのが近畿で0.7円、1番少ない上昇率が北海道で0.1円となりました。
ハイオクガソリンは0.4円上昇して177.8円、軽油も0.3円上昇し145.1円となったそうです。

消費税の増税があったり揮発油税との二重課税が問題視されている中、安くなる気配がないガソリンの価格に心配の声が上がっています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。