日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

ブラックフライデー、年末商戦の動向は?

アメリカでは感謝祭翌日の年末商戦をブラックフライデーと呼んでいて、小売業者が黒字という意味合いがあるという事ですが、近年では日本でも定着しつつあるのだそうです。

アメリカでは、ブラックフライデーからサイバーマンデーの時期に約1億6千万人以上の人々がショッピングを楽しむと言われていて、年末商戦は前年を上回る売上高が見込めるという事です。

日本では、年末までの冬の時期に祝日がないため盛り上がりまではあと一歩ですが、売り上げが伸び悩む事の多い11月の売上アップのための工夫が必要だと言われていますよ。

欧州でもブラックフライデーが広まっているという事ですが、アメリカのような売上の統計がまだないため、どのくらい盛り上がっているかという実態の把握は難しいそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。