日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

ホンダ、世界初の10速AT発売

本田は前輪駆動車向けで世界初の10速のA(自動変速機)を開発しました。現在では主流の6速ATに比べてきめ細かな変速によってエンジンを効率が良い回転数で運用でき、燃費は6%以上の改善が見込めるとのことです。

ATはギアを自動的に変え、エンジンから回転をタイヤに伝え、走行時に必要な回転数を伝えるほかに停止したときに駆動力を切り離し後退にときには、回転を逆にするなどに機能を持っています。

一般的にはATは多段階化を進めることによって1つのギアあたりの速度域は狭くなって変速したときのショックとエンジン回転数を抑えることで燃費が改善し、騒音を低減することができます。
しかし、変則数をふやすと部品点数がふえますので、大型化してしまうという欠点がありましたが、こちらの車は6速ATと同等のサイズを実現しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。