日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

人気の炭酸水、市場規模6倍

お酒の割材として使われたり、美容や健康に良いとされ、近年人気になっている炭酸水ですが、市場規模も拡大しており、家で簡単に炭酸水を作れる機械や、ジュースや酒などに炭酸ガスを注入する機器まで登場しています。

全国清涼飲料工業会の統計では、炭酸水の平成27年の生産量は18万3700klで、この10年で6倍以上も増えていることになりますし、現在でも市場は右肩上がりに成長しているのだそうです。

海外ではレストランなどでも普通に飲まれており、日本では今まで、ウイスキーの割材として需要がありましたが、その後直接飲む飲み方が浸透してきたことで生産量が増大しました。

炭酸水にはダイエットや食欲増進に効果があるとされており、飲料としてではなく洗顔として使われることもあるそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。