日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

佐川急便、週休三日制を導入へ

宅配業界の人材不足や過重労働が話題になっていましたが、そんな中、大手である佐川急便は新たな働き方として週休3日制を試験的に導入しました。

週休3日制にすることで、1日の労働時間は伸びてしまいますが、給与など待遇は同等のままですし、休日には副業も認められるようになりました。

導入は東京都と山梨県の正社員であり、求人サイトでも募集しており、通常の週休2日か新しい週休3日かを選びことができるのです。

給料はどちらも同じですし、残業した場合には残業手当も付きますし、変形労働時間制として採用しているのです。

現在では、地域限定で導入していますが、働き方を多様化させることで、不足している人材を確保したいと考えているとのことです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。