日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

元日休業、人手不足の背景

少子高齢化に伴い、企業で人手不足が深刻化していますが、この年末年始には飲食業を中心に休業するという動きが広がったのだそうです。

人手不足だけでなく、求人の需要が増して人件費も高騰しているため、年末年始に営業しても売り上げや利益が見込めないという企業や、元々いる従業員に休みを促して働き方改革に繋げたいという考えもあるようです。

年末年始は営業するよりも、従業員のワークライフバランスを考えて、休んでもらった方がサービスの質の向上にも繋がるのだそうです。

飲食業だけでなく、携帯販売会社や不動産業などの他業種でも元日休業が広がっており、これ以上の離職を防ぐという狙いがあるようです。

日本人は働きすぎだとも言われていますから、この休業は妥当と言えそうですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。