日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

唯一の国内メーカー船井電機、VHSデッキ撤退

15日、唯一の国内メーカーとしてVHSの家庭用ビデオデッキを販売してきた船井電機が、7月末で生産を終了することが明らかになりました。

DVDやBlu-rayの普及に伴い、VHSビデオの市場が縮小したため、海外の企業や大手家電メーカーが続々と撤退していますが、現在国内で唯一ビデオデッキを生産している船井電機が撤退すれば、世界的にも新品のVHSデッキを入手するのは困難になりそうです。

船井電機は、「一定の需要があったため生産を続けたい想いはあったが、部品の入手が難しくなったため辞めざるを得なくなった」のだそうです。

DVD化されない映像作品を見るために、VHSデッキが必要な時もあるかもしれませんが、VHSデッキのレンタルについては、まだ行っているところもあるそうですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。