日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

地方創生、農業で産業振興

アベノミクスの大きな柱として掲げられている「地方創生」ですが、内閣改造が行われたことにより歳近また注目されています。

少子高齢化や地元産業の衰退など、地方がそれぞれ抱えている問題がありますが、地方再生するためには、従来の政策を変えることも必要になってきているようです。

農業の担い手を確保することが、日本の未来のためにも大切なことと言えますが、企業や若い人に農業に携わってもらうには農地制度の改革や、農業を始めやすくできるような環境づくりを行うことで、雇用の促進にもなり、地方の活性化にもつながるということでしょう。

農業規制の緩和や企業や農家との連携、大胆な地域おこしで、地方を改革していくことが地域発展・地域経済のためにも必要になっているようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。