日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

天気予報をビジネスに活用、その効果とは

今年の夏は連日、異常気象による記録的猛暑が話題になっていますが、食品やアパレルのメーカーは天気予報をビジネスに活用して生産に活かしている事例が増加しているようです。

森永製菓では、モナカアイスの食感と欠品を防ぐために、気象情報に基づいた商品需要予測を導入しており、同社のモナカは日時の経過と共にアイスの食感が損なわれてしまうため、手持ちの在庫を少ない状態で運用しているのだそうです。

アイスはその日の気温によって売れ行きが変化するため、需要をきちんと予測できなければ欠品で商機を逃してしまうので、昨年全国の需要予測から生産の予測を行って在庫の判断をした結果、欠品することもなく発売することができたのだそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。