日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

恵方巻き廃棄問題、防ぐための対策とは?

関西の風習である恵方巻きは、近年では日本全国でも親しまれるようになりましたが、同時にフードロスという食料廃棄が問題視されているのです。

スーパーやコンビニなどが恵方巻き商戦で販売競争が加熱する事によって、恵方巻きを作りすぎてしまい、売れ残った大半は捨てられたり焼却処分されるのは環境問題の面で重大な課題なので農水省は作りすぎを控えるようにと要請したそうです。

恵方巻きの具材には様々な食材が使われているため、それらを分別して肥料や飼料にリサイクルするのはコストがかかってしまうのです。

今年、コンビニ大手では例年よりも小さいサイズの恵方巻きを採用するという対策を行っていて、家庭での食べ残しや売れ残りの廃棄量を減らそうと考えているのだそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。