日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

成田空港会社 国内線でも施設使用料を徴収に

成田国際空港会社は、2015年3月を目安に国内線を利用する乗客にもサービス使用料を徴収する方針になったことが分かりました。
金額について、現在は往復800〜900円程度で考えられているそうです。
徴収されたサービス使用料については施設の設備や維持費にあてます。
国際線の利用客からは今までもサービス料を徴収していましたが、国内線の利用客は対象になりませんでした。

新たに国内線の利用客に求められるサービス使用料は、手荷物カートやフライト情報提供のサービスに対して課せられます。
支払いは運賃に上乗せする形になるそうです。

同社の平成25年度の国内線利用客は約518万人程度を占めています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。