日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

東京五輪に向けビザ発給緩和 外務省

2020年の東京五輪開催を前に、入国査証(ビザ)発給を緩和することを日本政府が発表しました。
対応するのはインドネシア、フィリピン、ベトナムからの観光客で、訪日する外国人観光客の増加を目指す目的とされています。

更に外務省によると、ビザ発給要件を「大幅に緩和」するだけではなく、インドネシア人に対してはマイクロチップが埋め込まれた電子パスポートをもつ場合に限りビザの取得を免除するそうです。
同時に発表した声明によると、観光立国としての日本の売り込みや、年間2000万人の外国人観光客の誘致を目標としており、この新規則の運営はなるべく早くスタートさせたいとしています。

2013年に日本を訪れた観光客の数は東日本大震災後初めて1000万人台を回復し、それを受けて政府は世界第三位の経済大国再生へ向けた取り組みの一貫として、訪日する観光客の増加を目指しているとの事です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。