日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

次々と新機能が追加しているガラケー、スマホよりも優位!

急速に普及するスマホですが実はガラケーも需要も順調に推移しています。法人や高齢者の底堅い需要に加え、電池が長く持つなど使い勝手の良さやスマホの約半額という維持費の安さ等スマホからガラケーに戻る等の需要もあるなどの動きがあります。

全盛期よりも勢いは落ちてしまいましたが、平成26年度のガラケーの出荷台数は104万台でPCやデジカメ、薄型テレビを上回る規模を維持しています。

スマホの急速な普及に伴って、ガラケーの出荷台数は減少していきましたが、調査会社のMM壮健の調べによりますと20年には携帯電話の国内総出荷台数のうち、90%以上をガラケーが占めたが、米アップルのiPhoneの登場以降は一気にスマホが普及しました。

近年でガラケーが普及した理由について端末の頑丈さや電池のもちを含めた使いやすさが人気のようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。