日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

気候変動で年約3.5兆円超の巨額損失発生 米経済

米超党派委員会が本日24日に、米経済が気候の変動により巨額の損失を被る事になるという報告書を公表しました。
今後25年間について、特に沿岸部の暴風雨による物損で年に350ドル(約3兆5700億円)の被害が発生するのではないか、と予測されています。

現在でも頻発しているハリケーン等の被害で穀物の収穫が14%減少し、農家へ数百ドルの被害が及ぶとされています。
更に熱波に伴った電力需要が増加。最大で年120億ドルの負担にもなるといいます。

報告書では、沿岸部の不動産が今世紀半ばまでに海面下に沈む見通しや、異常熱波により建設などの野外労働が困難になることの労働生産性の低下などが危惧されています。
しかしながら具体的な政策提言はされていないのが気になるところです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。