日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

火力発電所において関西電力と東京ガスが戦略提携

関西電力と東京ガスは11日火力発電所の燃料調達や発電所の運営・保守で戦略提携することで合意したことを発表しました。首都圏や海外での火力発電所の共同建設の検討も進めています。
関電が発電所運営等について他社と戦略提携することは初めてのことです。

電力やガスの自由化で競争が激化する中で電力2位の関電と都市ガス最大手の東京ガスでノウハウを共有し、円量の安定やコストの削減を目標にしています。

関西電力と東京ガスはまずLNGの調達で提携を開始します、夏に電力需要、冬にガス需要が増える季節によって緊急時にも譲ることを想定しています。関電が持つ火力発電所の運転や保守のノウハウを東京ガスと共有します。首都圏での電力販売参入や拡大も目指しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。