日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

燃料電池購入に補助金300万円 年内に開始

政府が燃料電池車の購入に200万〜300万の補助金を支給する方針を固めました。
この車は水素で走る次世代のエコカーとして注目を浴びており、一般販売に合わせて年内には支給が開始されるそうです。
補助金の支給によって燃料電池車を普及させたり、関連技術などで世界をリードする狙いがあるとされています。

セダンタイプの物が年内にも発売される予定でメーカーはトヨタ、価格は700万円程度になるとされています。
続いて来年にはホンダが、2017年には日産が発売を目指しています。

今までにあった電気自動車などの次世代自動車向けの補助金の中に燃料電池車も追加され、より正確な補助金は本体価格や水素の価格が決まり次第確定するそうです。
経済産業省はすでに来年の次世代自動車の補助金も数百億円盛り込むことを発表しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。