日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

犬・猫の再生医療、医薬品の開発に向けて

人間への再生医療の実用化が期待されていますが、人間のみならず犬や猫などのペット向けの再生医療にも注目されていますよ。

ある製薬会社は、犬のアトピーやヘルニアを治療するための細胞医薬品の販売を計画しており、今年には臨床試験を始めるとのことですから、手術せずに病気を治せる新しい医薬品の登場を期待したいですね。

現在では、犬のアトピー性皮膚炎を治療するために動物病院へ通院する必要があり、現代では人の生活習慣が変わってきたことによりペットの食生活などにも変化が表れ、肥満や高齢によりヘルニアを発症する犬も多いようです。

治療方法と言えば、手術を行ったり薬を投与して治療していましたが、細胞医薬品が実用化されれば、手術をしなくてもよくなりますし、傷ついた体の細胞を元通りにできますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。