日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

発泡酒、第3のビールの増税か

2017年度の税制改正により、ビール類の酒税飲み直しがされ、議論されることになりましたが、ビールメーカーや消費者の反発も強くあるのがそうです。

財務省や国税庁は、ビールを減税し、第3のビールや発泡酒を増税することで統一する考えとのことで、現在、似たような飲料で税額が異なることから市場に生じている歪みを正すためには必要なことなのだそうです。

1980年代末に、酒類販売についての緩和がされてから、ディスカウントストアで扱うようになってから、低価格競争が始まり、メーカーは決められたルールの中で新商品開発が活発にされ、現在は第3のビールも技術開発されています。

王道で正規のビールは消費者が多く人気ではありますが、安い第3のビールを求めている消費者の反発や影響もあることでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。