日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

通勤時間のメンタルへの影響とは

イギリスの研究で、1日の通勤時間が20分増えることにより、給料が19%減少するのと同じくらい仕事の満足度に悪影響を及ぼすという驚きの結果が発表されました。

日本人の平均通勤時間は1時間10分であり、東京に限れば1時間45分だそうですが、アメリカの平均通勤時間は往復で50分程度なのだそうです。

通勤時間が増えるごとにストレスが増していき、メンタルヘルスの面でも悪化することが考えられますし、電車やバス通勤は不快感を感じやすく、不満が多いという結果が出ているのだそうです。

ただ徒歩通勤など、通勤時間が短いというのは残業を期待されたり呼び出しや都合の良い人間として扱われるというケースもありますので、通勤時間が短いから良いという訳ではなさそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。