日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

関西電力、赤字で再値上げ避けられず 北海道電も申請へ

関西電力は30日に2014年4〜6月期の連結決算について、最終損益が290億円の赤字となった事を発表しました。
原発の再稼働が遅れていることや、火力発電向けの燃料費が膨らんだ事が要因とされています。
北海道電力も柏原発の再稼働に見通しが立たない事などを受け、家庭用の電力料金を引き上げる方針を決定しました。
31日に経済産業省値上げを申請する見通しで、この値上げによって3期連続の最終赤字から脱却を図ります。

関西電力の同期の赤字は3年連続となり、前年度比に比べるとやや赤字額は回復しているものの、夏場の需要に備えた大飯原発3、4号機の修復費や燃料費の増加が収益に響いています。
経営削減の為に来年度の採用も当初より削減する見通しだそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。