日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

風力発電、低コスト施工がカギ

日本では現在、原子力発電の稼働に関して様々な問題を抱えていますが、そんな中で新しいエネルギーの導入拡大に関する調査を行うと発表されました。

産業技術総合開発機構は、洋上風力発電に関する施工技術や維持管理に関する調査や試験を行ったり、コストの低減を目指しているのだそうです。

欧州では、風力発電の産業の発展とコストの低減が一体になっており、洋上風力発電の導入も進んでいて、今後も導入拡大が進むと言われています。

日本では、銚子と北九州の沖合に着床式の洋上風力発電を2基設置していますが、今後は発電コストを低減させて市場の拡大を推進させることが必要なのです。

開発機構は、日本の地形や地盤に適した構造や工期を短縮させる技術、洋上風力発電を低コスト化するための調査や研究に着手するとのことです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。