日本と世界の経済ニュースを最新の情報で解説

インフレーションって?

「インフレーション」「デフレーション」という言葉、たまに耳にする事があります。
比較的良く聞く言葉なので、言葉は知っているけど詳しく説明は出来ない・・・という方は意外に多いです。
良く聞く言葉だけに、今更聞くのも恥ずかしいですよね。
そこで今回はこの2つの言葉のうち、「インフレーション」について分かり易く解説・まとめてみました。

インフレーション

経済
・インフレーション
「インフレ」と略されるインフレーションについて説明します。
この言葉を簡単にまとめると、「物の値段が全体的に上がり、お金の価値が下がる事」を言います。
原因は二つあります。
まず、景気がいいと物が良く売れて、需要が供給を上回り物の値段が上がります。このことはディマンド・プル・インフレといいます。
次に賃金や原料の高騰などで物を作る為の費用が上がり、物の値段が上がります。これはコスト・プッシュ・インフレといいます。

急激なインフレが続くと、給料は変わらないのに物価だけが上がってしまい、物が売れなくなってしまいます。
そうすると物の売り手である供給者は、物を沢山売る為に値段を下げます。すると今度は物に対してのお金の価値が上がる事になります。
この状態を「デフレーション」と呼びます。デフレーションについては次回ご説明します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。